BlueBar.gif

施設概要

大阪府三島救命救急センター  

大阪府三島救命救急センターは、大阪府高槻市と島本町を中心とした大阪府北部地域(北摂地域)の重症患者様(一般病院で治療が難しい心筋梗塞や脳卒中、また事故等による重症外傷など、生命に危険がある患者様)に対し、初期の高度治療を専門に行なう医療施設(第3次救急医療施設)として1985年11月に開設されました。通常、第3次救急医療施設は総合病院・大学病院の一部門か、あるいは併設されている場合がほとんどですが、大阪府三島救命救急センターは近隣の医療機関と連携しながら、独立した診療・運営を行なっています。
 以上のような設立目的のため、一般病院のような直接来院診療の窓口は開設しておらず、原則として救急隊からの要請か、他の医療機関から紹介された患者様の診療を行なっています。また、救命救急施設として、いつでも患者様を受け入れられる必要があるために、重症の時期を脱して、転院が可能になった患者様は、転送されて来られた病院や居住の一般病院などに転院していただいております。

所在地
569-1124 大阪府高槻市南芥川町11-1
TEL 072-683-9911
FAX 072-683-6111
開設
昭和60年(1985年)11月1日
病床数
41床(ICU 8床含む)
標榜科目
救急科、内科、外科、整形外科、放射線科、麻酔科、
心臓血管外科、循環器内科、脳神経外科、小児科、形成外科
常勤医師数
21名
年間入院患者数
約900名
臨床研修病院
協力型