BlueBar.gif

とくべつきゅうきゅうたい(ドクターカー)について

とくべつきゅうきゅうたいのスタッフ 2002年10月から高槻市消防本部との共同事業として、センター医師同乗による特別救急隊(ドクターカー)の試行運用を開始。2006年10月5日から、本格運用(24時間365日終日運用)をスタートしました。

 ドクターカーはメディカルコントロールの重要な要素の一つ。心肺停止状態、最重症患者発生時などに出動し、迅速に対応します。災害時には、DMATチームとともに、ドクターカーとセンター所有のドクターカー2台で対応します。

 2014年4月から、多数傷病者発生時や、高エネルギー外傷などで特別救急隊が出動する場合、看護師も一緒に同乗するようになりました。

LinkIcon高槻市消防本部特別救急隊のページへ

いちびょうでもはやく!びょういんとうちゃくまえからちりょうがはじまる

119番通報を受けて、特別救急隊は、所轄(現場に一番近い消防本部)の救急車と同時出動します。所轄の救急車が先に到着した場合も、特別救急隊との相互の連携で迅速に対応します。早期に医師が現場で治療に当たるため、病院前からの救護が可能になります。救命後、後遺症を残さずに社会復帰された方も少なくありません。

ドクターカーによるはんそうのながれ

1:通報から救急指令!

ドクターカーにはしってむかう救命救急センター1階にある救急ステーションに指令が届くと、医師、救急救命士に連絡。出動体制をとります。

2:ドクターカー出動!

ドクターカーしゅっぱつ高槻市消防本部の救急救命士と大阪府三島救命救急センターの医師が同乗し現場へ出動。合同で救命活動にあたります。

3:現場で医師が治療!

げんばでちりょう一分一秒を争う現場で、到着後すぐに医師が初期治療を開始。救急救命士とスムースに連携します。

4:車内で医療処置!

しゃないでそうかんドクターカー車内には、医療処置が可能な特別装備が施されています。搬送中の医師による治療が、蘇生率、救命率もとより、社会復帰率を高めます。

5:センターに到着!

きゅうきゅうしゃからはんしゅつドクターカーが到着。すぐに救急外来へ。到着前の連絡で様態などを互いに把握し、迅速に対処します。