BlueBar.gif

Vol.4 「千里メディカルラリー」 

毎年この時期になると「千里メディカルラリー」が開催される。メディカルラリーとは,医師2名,看護師2名,救命士2名の1チーム6名で,災害や多数傷病者発生事故など,いくつかのシナリオをこなしながら次々進んでいくラリーである。千里ラリーは日本の草分けのラリーで,最近は全国から20チームが参加し熱戦を繰り広げる。

 今年,2年ぶりに当センターのチームが参加した。日頃の診療を生かせばいい・・・なんて生やさしいものではなく,各チームとも高得点を得るためにかなり練習をくり返して参加してきている。三島チームも休日まで使って何度も練習をこなして当日に望んだ。結果,10位。大健闘である。得点を見たが,上位10チームは僅差であった。

今年は当センターからのサポーターも15名とたくさんの人に支えてもらいながらのラリーとなったが,お一人,当職員ではない,見慣れない女性が我々のチームに最初からずっと帯同してくださった。

2010/09/27

話をお聞きすると茨木市在住の方で,このラリーのことを知り見に来たものの,知っている病院名が「大阪府三島救命救急センター」しかなかったので,当チームにずっと付いて応援してくださったらしい。本当にありがたい話である。

救命救急センターは基本的に救急搬送のみを受け入れる施設であり,「かかりつけ医」というものにはほど遠い。(救命センターにかかりつけ,と言うものイヤだが・・・)したがってどうしても近隣の方々から「あそこは何をしてる病院?」と見られがちである。我々は地域の方のために存在し,地域の方のために働き,結果として地域の人から愛され,サポートされる救命センターになりたいと願っている。今回,たった1人ではあったが,我々を応援してくださっている市民の方がおられることを知って,心から感謝の意を表したい。

応援,ありがとうございました。

そしてラリー参加チームのメンバー,ご苦労様でした!

来年こそ3位以内を!!

DSC025832.jpg

DSC025901.jpg

DSC026241.jpg

IMG_24651.jpg