BlueBar.gif

Vol.20
「高校バスケット」

2013/01/26

 いま大阪高等学校バスケットボール新人大会が行われている。高2の娘もバスケット部に入ってがんばっている。その姿を見たくて試合があれば応援に行っているのだが,娘のチームは試合ごとにまとまりが出来て来て、いいチームになってきた。
 大阪の高校バスケットといえば最近世間を騒がしているが、試合場で見る彼らはハツラツとし、輝いている。そんな彼らの心にあの事件は大きな陰を落としていることだろう。どんな解決法がいいのか分からないが、まずは本当の真実を充分調査し、なにが悪かったのか、どこに問題があったのかをまず明らかにしなければ、何も変わらないと思う。生徒達は被害者である。彼らを守り、正しく育てるのが、我々大人の責務である。
 試合前日にカミさんが「明日は仕事で応援に行けないけど、明後日は行くから!」と娘に話したところ、「わかった・・・」と淡々と答えたらしい。厳しい試合になることはわかっていたんだろうけど、絶対勝つ!と気合が入っていたのだろう。結果、娘のチームは今日勝ってベスト16に進出した。本当に気合の入ったいい試合だった。試合後、額から汗を流し、まだ息を弾ませながらロビーに並んで、応援に来てくれた人達ひとりひとりに「ありがとうございました!」と頭を下げている彼女らの瞳は、キラキラと輝き、とっても澄んでいた。
 こんなに綺麗な瞳を大人のエゴで濁らせては絶対いけない、と強く思う。