施設データ 2017年

部門紹介

ICU(Intensive Care Unit):集中治療室

 病床数8床のICUでは、呼吸・循環・代謝・意識など重篤な急性機能不全患者を収容し、密度の濃い集中的な医療・看護を、医師・看護師・コメディカルの多職種が連携し迅速かつ安全に提供しています。
 また、近隣多施設の協力により理学療法士や言語聴覚士の派遣を受け、超急性期からのリハビリを実現し、リハビリ回診やRST回診による個別性に応じたリハビリプランの立案・実践に力を入れ、転棟するHDUへのリハビリに繋げています。
 看護配置は2:1であり、個別性に応じた丁寧かつ安全な看護の提供を心掛けると共に、卓越した高い専門性を持った急性・重症患者看護専門看護師や集中ケア認定看護師により、専門看護分野における看護実践の質向上と人材育成に努めています。そして、集中治療と並行し可能な限り患者様のQOLを考慮し、患者様・家族に寄り添える看護の提供を目指しています
 職場環境は、重症・重篤な患者様に関わるため、常に緊張感の高い部署ではありますが、人を育て個人を大切にし、働き続けられる職場環境を作っています。

(文責:近重 弘子)