施設データ 2017年

部門紹介

救急病棟:ACU(Acute Care Unit)・HDU(High Dependency Unit)

HDU(高度治療室)8床  看護配置4対1
ACU(急性期治療室)25床 看護配置7対1

【部署の特徴】

 ACU、HDUでは、さまざまな年齢層、疾患の患者様が集中治療により呼吸と循環が安定した後、集中治療室(ICU)に引き続き入院されています。
 救急病棟といっても、まだまだ集中治療が必要な段階から、退院後の生活を見据えたリハビリが必要な段階、また、終末期の患者様もいらっしゃいます。幅広い健康段階の患者様に対応するために、カンファレンスで看護上の問題点、治療上の問題点について議論しながら質の高い医療と看護の提供に努めています。
 特に、患者様がいずれ地域に戻られることを見据え、患者様の生活背景や家族背景、入院前のADLを地域連携室のスタッフと協力しながら把握しています。そして、当センターの医師、看護師だけではなく、近隣施設からご協力いただいているリハビリテーション科医師と理学療法士と協力しあい患者様のリハビリの方向性の確認を行いながら、ADL拡大とQOL向上に向け取り組んでいます。
 多種多様な患者様に対応する部署であるからこそ、働くスタッフが目標を持ち成長していけるよう取り組んでいます。

2018年9月 ACU責任者