施設データ 2017年

部門紹介

手術室

 当センターの手術室は2室です。年間手術件数は約300件で、そのうち約半数は緊急手術であることが特徴です。手術のシミュレーション訓練や、術後の振り返りと手術に関する情報共有をスタッフ間で密に行い、手術看護技術の向上と、24時間365日、いつでも緊急手術に迅速に対応できるよう日々努力しています。
 救命センターでは、一刻を争う症例の場合、救急外来で緊急手術を行うことがあります。2017年から血管撮影室を活用して、重症外傷症例への初療対応の強化に着手しています。院内外傷チームを中心に、手術器材の選定や準備、器械展開が迅速にできるよう手術室内で検討を行いました。患者搬入時の血管撮影室内の物品配置や情報共有の仕方についての体制構築や課題の抽出など、医局・コメディカルと共同のもと取り組んでいます。 
 また手術時にご家族様に寄り添えるように、術前から術中、術後訪問を実施しています。患者様ご家族様ともに安心して手術を受けて頂けるよう、スタッフ全員で周術期看護の充実と質向上に力を入れています。

文責 手術室 鈴木