施設データ 2017年

部門紹介

地域医療連携室

 地域医療連携室は、患者さんやご家族が、安心して療養生活や住み慣れた地域で過ごせるように支援する部署です
2018年4月からは、医師1名、看護師2名、社会福祉士2名が協働し、医療と福祉の専門職の強みを生かして、支援できる体制となりました。

【具体的な活動】

 当センターに入院される患者さんの中には、一人暮らしの高齢者、介護保険制度に加入されていない、家族と疎遠でサポートする人がいないなど、医療以外の社会的な悩みや、経済的な悩みを抱えている方が多くおられます。入院前からや入院によって生じた医療的・社会的・経済的な様々な悩みや心配事に対して、患者さんや家族と面談をおこないます。そこで得た情報は、医療的な問題は、医療職が、社会的・経済的な問題は、社会福祉士と事務職が、各専門職の立場から、必要な情報を提供し、問題解決に向け取り組めるよう支援をしています。

【大切にしていること】

 私達は、入院当日から、すべての患者さん・家族と接し、顔の見える関係を作り、困った時に相談してもらいやすい雰囲気作りに努めています。また、搬送時の病状説明や回診に同席して、治療方針を把握し、患者さん・家族からの入院中の相談や転院・退院の支援に役立てています。
今後は、地域のスタッフの方々との連携をさらに強化し、患者さんが、その人らしい人生を送ることができるように支援していきたいと思います。

文責 堀口 由美子