BlueBar.gif

救急フェアに参加 (JR高槻アクトアモーレ)  

2012年10月06日

 ~身に付けよう救急処置~「救急フェア」と題して、JR高槻駅に隣接する大型商業施設アクトアモーレでAED、応急処置の市民向け講習会が開催されました。昨年は、東北大震災があり災害を身近に感じる中、「安全・安心のまち、高槻」ということで、市民の意識も高く、行き交う買い物客の多くの方が足を止めて受講されていました。今回はJR西日本のマスコットICOCA君も登場、子供たちは子供用駅員の制服を着て一緒に記念写真を撮ったりして、楽しく参加していました。主催であるJR高槻副駅長、JR西日本あんしん社会財団次長の挨拶とともに、大阪府三島救急医療センターのセンター長でありNPO法人高槻ライフサポートの冨士原彰理事長も救急処置・AED使用法の重要さを熱心に語り、多くの人の注目を集めていました。AEDについては、その存在はご存知でも必要が生じた時に、どのようにしたら良いかを学んでおきたいということで、年齢を問わず多くの方が説明に聞き入っておられました。

**
**