大阪府三島救急医療センター 072-683-9911

BlueBar.gif

BlueBar.gif

財団理事長 濱田 剛史

濱田市長写真1.jpg

 公益財団法人大阪府三島救急医療センターは、高槻島本夜間休日応急診療所、大阪府三島救命救急センター、ひかり診療所の3つの医療施設を運営している財団です。
 この地域は全国に先駆けて救急医療体制の構築が始まりました。昭和37年に高槻市と島本町で在宅輪番制による休日診療が開始され、各種住民団体代表、医療機関、議会、行政代表により、救急医療対策協議会が発足し、その答申を受けて、昭和48年に夜間と休日のみの診療をおこなう初期救急(入院の必要のない軽症)の高槻島本夜間休日応急診療所が開設されました。診療科目は、内科、小児科に外科を加え、将来的に「救急センター」を建設する条件が付され、昭和49年に財団法人「高槻島本救急医療センター」が発足、以後夜間休日診療所は高槻市から財団委託となりました。医師団は、当初より高槻市医師会と大阪医科大学に派遣協力いただくというかたちで始まり現在に至っています。
 一方、地域の救命救急医療に関する諸問題を学術的な立場から調査研究をするなかで、高槻救命救急医療研究会が発足しました。その結果、財団法人「高槻島本救急医療センター」は、財団法人大阪府三島救急医療センターと名称変更され、昭和60年に夜間休日診療所に棟続きで三次救急(重症治療を目的とした)の救命救急センターが建設されました。このように初期と三次の救急に特化した当医療センターは、全国でも類を見ない三島地域の救急医療システムの集大成として整備されました。
 財団の中核をなす大阪府三島救命救急センターは、運営形態として、母体病院を持たない自己完結(施設的にもマンパワーの面からも、完全に自前で、救命治療が可能であるユニット型)の単独型救命救急センターであり、現在、全国には当センターを含め235箇所、大阪府については13箇所の救命救急センターがありますが、全国的にも稀な救命救急センターです。救命救急センターは、開設以来、疾患別救急を主体にした受け入れ体制をとってきました。各科の専門医が救急医として機能し、搬入から検査、手術を含め、即座に対応します。
 また、公益財団法人大阪府三島救急医療センターと高槻市消防本部の共同事業である、特別救急隊(ドクターカー)事業は、消防の救急車に救命救急センター医師が飛び乗り駆けつける、言わば究極の救命往診であります。心肺停止患者さんの救命のみならず、蘇生後の社会復帰率向上、後遺症の軽減に非常に大きな力を発揮しています。このことは、単に人の命を救うだけでなく、QOL(生活の質)を向上させ、人格や尊厳など、ヒトの未来を救うということであります。ここに当救命救急センターが、専門医を中心に、24時間365日、疾患に即応できる治療体制をとっている理由があります。救命医療は時間との勝負です。この地域では、たとえ倒れて心肺停止したとしても、目撃した人が心臓マッサージを行い、専門医が救急車で駆けつけ、病院前からすぐさま治療を開始し、救命救急センターに搬送する治療をおこなうことで、より安心安全な生活を送ることができるでしょう。事実、多くのかたが救命され、後遺症なしに社会復帰されています。また、救命救急センターと夜間休日応急診療所が同じ建物内にあることで、休日診療所に、軽症と思い歩いて来られる患者さんが突然心肺停止になられることがありますが、棟続きに救命救急センターが出来てからは、手遅れにならず、死亡患者さんはゼロとなりました。
 平成15年には、慢性期を含めたプライマリーケア(身近にあって相談できる総合医療)をおこなうひかり診療所を開所し、市民検診、健康診断、予防注射、在宅医療なども実施し、地域の患者さんの健康、疾病に対し、総合的・継続的な診療をおこなっています。
 また、平成25年4月からは、茨木市、摂津市が、小児初期救急体制の整備を始めとして当財団の運営に参画し、医療圏である三島地域3市、1町で、初期から重症、慢性期までの三つの医療機関を運営することとなりました。
『救える命を救うために』、地域の医療インフラとしての自覚をもち、全職員が一層の研鑽を重ねてまいりますので、皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。