大阪府三島救急医療センター 072-683-9911

BlueBar.gif

BlueBar.gif

救命救急センター所長 秋元 寛

akimoto20072.jpg

 大阪府三島救命救急センターは、大阪府北東部に位置し、三島医療圏約70万人の救急医療を担っている中核病院であります。当センターでは、「専門医集団による救急医療」を設立当初から20年以上にわたりおこなってきており、全国でも珍しい独立型救命救急センターとして評価されてきました。では、なぜ当センターが、「専門医集団による救急医療」をおこなっているのでしょうか?それは、一般市民の方が、救急医療に何を期待しているかということです。突然のケガや病気になった方が、最初から専門医の診察と治療を希望されることは今や当たり前のことです。その要望に24時間365日、応えるためには、当センターのシステムが有効と考えています。もうひとつ、当センターの特色として、「患者にやさしい医療」を心掛けています。患者様本人や家族への十分な説明、より低侵襲な治療法の選択などはもちろんのこと、必要最小限の薬剤を使用し、自ら治ろうとする自然治癒力を損なうことなく、少しサポートしてあげることで、重症患者を治癒させるということです。 わたしたちは、「すべては患者のために - All for the Patients - 」を合言葉に、「専門医集団による、患者にやさしい救急医療」をめざしています。

秋元所長のコラム 所長の「深イイ話」はこちらから。

年頭のご挨拶